当院のインプラントについて

1.インプラントの歴史
 古代エジプトでは、装飾品として、また死んだ後の世界でも不便がないようにとの願いからか、死者に対し、歯の抜けた穴に象牙や宝石などを埋め込んで埋葬していたそうです。マヤ文明、インカ文明、 アステカ文明などの遺跡からも貝殻を歯の代わりに埋め込んだミイラ等が発見されています。実際口の中で機能したと考えられる最古のインプラントは、紀元7世紀頃のものと推定されるマヤ族の20代の女性の前歯に埋め込まれた二枚貝の貝殻を加工したものです。 まだまだ新しいと思われているインプラント治療ですが、歴史を紐解いてみると、永きに亘る歴史がある、まさに太古から歯科医療における1つの大きなテーマといえる治療法だといえます
2.現代のインプラントの基礎確立
 現代の歯科インプラントの基礎となったのは、約100年程前に、欧米の歯科医が歯の抜けた穴に植立したネジ式のインプラントです。しかし、しっかりと顎の骨に埋まるインプラントではなかったため、極めて少数の人にしか使われていませんでした。
 1952年にインプラントの歴史にとって忘れることのできない発見があります。現在のインプラント材の主流になっているチタンが骨と結合することが、スウェーデンのブローネマルク教授によって発見されたのです。その後、研究が進み、オッセオインテグレーテッド(骨に接合した)・インプラントの科学的根拠に基く確実性も立証されました。人間の体はチタンを味方だと認識して、骨の方からチタンにくっつこうとする性質を持っているのです。
3.最先端インプラントAQBの誕生
 現代のインプラントはさらに進化しています。
 素材として主流になっているのはチタンですが、治療期間を短縮し、かつ骨との結合をより強固にするために、開発者たちはその能力を駆使して新しいインプラントを生み出すため研究を重ねてきました。
たとえば、インプラント体の骨にうめる部分・歯根部にHA(ハイドロキシアパタイト)をコーティングしたインプラントは、骨と結合しやすいハイドロキシアパタイトの特性ゆえに、チタンだけのインプラントに比べて飛躍的に癒合までの期間が短縮しました。
 そのなかでもAQBインプラントは、より結晶度の高い再結晶化HAコーティングを用い、画期的なスピードで骨との結合を実現しました。 またAQBインプラントは、歯肉に当たる部分・支台部に“歯肉接着生体高親和性処理”を施すことで、歯肉との親和性を高め感染の危険性を最小限にする工夫も施し、より理想的なインプラントとしての地位を確立したのです。
 高齢化社会を迎える今、“噛めること”はもちろん、より美しい歯でいることが関心事となっています。その中でインプラントは、もはや過去のイメージを払拭しただけでなく、現代歯科医療にとって欠かせない治療になっているのです。

インプラント治療の流れについて

1ピースAQB1回法でインプラントを埋入する場合の治療の流れをご紹介します

1.カウンセリング 治療に関してのカウンセリングを行います。
2.インプラントの診療・診断・治療計画の説明 インプラントを埋め込む箇所と口腔内の骨の状態、歯肉の状態、噛み合せの診察を行います。 歯科用CT撮影、レントゲン撮影、口腔内写真撮影、歯形や噛み合せの採得等を行い、口腔内全体での治療計画を立て、十分に患者さんと話し合いをします。
3.術前処置 必要な場合、歯周病、カリエス治療、不良な冠の除去等を行い、衛生状態を良好にし、噛み合せを整えるための準備をします。
4.インプラント植立手術 診断計画に従い、インプラントの歯根になる部分を埋入します。
AQBインプラントの場合、手術時間が短く、麻酔時間を除き、1本10-20分程度です。
5.手術終了 患者さんの手術後の状態を確認して、帰宅となります。
6.手術後の消毒 翌日、手術部位の確認と消毒を行います。前歯など外観が気になる部位には、ここで仮歯を入れる場合があります。
7.治療期間 AQBインプラントの場合2ヵ月程度という他に類を見ない最短の治癒期間です。
AQBインプラントでは、手術後1週間程度で抜糸し、1カ月後に仮歯を入れます。歯肉の状態と噛み合せの状態をチェックし、修正し、全体のバランスを整えます。
8.最終的な装着歯の作製と装着 全体の噛み合せを整え、表面の色をチェックしながら最終的な
装着歯を被せます。
9.定期健診、メンテナンス 最終的な装着歯を被せても、未だインプラント治療は完成ではありません。 インプラントを長持ちさせるために、メンテナンスを開始します。 歯科医師の指導に従い、患者さん自身で口腔内を清潔に保つこと(プラークコントロール)が大切になります。 また、定期健診(1週間後、1ヵ月後、以降3ヵ月毎)で噛み合せのチェック、骨の検査、被せた歯の緩み等の検査をします。

●インプラント治療の費用について

インプラント治療は、健康保険の対象外のため、全て自費治療となります。
なお、治療費用は下記表が目安ですが、詳細につきましては直接お問い合わせください。

インプラント料金

¥262,500/1本

¥21,000(歯科用CT撮影、インプラント診査、初期管理料)

費用の内訳

AQBインプラント埋入費用(1本) ¥210,000(インプラント材料、上顎ソケットリフト術含む)
装着歯(1本) ¥52,500・・・メタルボンド冠、ハイブリッドセラミック冠または金合金冠
歯科用CT撮影、診査、初期管理料 ¥21,000
GBR(骨造成術)費用別途 ¥210,000
(AQBインプラントはかなり悪い骨状態でも埋入可能ですが、必要な場合はGBRを行ないます)

CTによる多断層画像分析します。
CTの撮影は当院の歯科用CTまたは委託病院の放射線科(費用別途)で行い、そのDICOMデータをコンピューターで分析・
シミュレーションをします。